平行普通列車

常磐線と新京成に魅せられた者のブログです

只見線

只見線 乗るか?撮るか?

乗りに行く人だけでなく、撮りに行く人も多い只見線訪問の人たちの現状を知る 昨日の拙「只見線全線乗車2024年夏 東京からの日帰り7コースガイド」の続編です。 筆者の周囲の人で、鉄道にそれほど関心の高くはなくても、只見線に行きたいという話で盛り上が…

2024年夏の注目臨時列車 独断偏見10選

2024年夏の臨時列車の中から独断と偏見で選んだ注目列車です 2024年夏の臨時列車から筆者個人の独断と偏見で選んだ興味本位の10列車です。 10列車と言ってもまとめ方、捉え方にいささか無理がありますがご容赦ください。 列車選定はあくまで単なる嗜好、関心…

首都圏を離れて景色のよい鉄道路線を聞かれたら 独断偏見ベストテン

東京から150キロ程度以上離れた、景色のよい独断偏見10路線です 昨日の「東京近郊で景色のよい鉄道路線を聞かれたら 独断偏見ベストテン」の続編で、今回は東京起点に150キロから300キロ程度までの、やや離れた地域の路線が対象です。 過去の記事との一部重…

只見線の混雑対策 車両増結と併せて1人掛けボックス席のロングシート化を

1人掛け+1人掛けボックスシートとロングシートで異なる心理 昨日(7月15日)の拙「南阿蘇鉄道 今後、熊本乗り入れを行なうか?」の関連編です。 2023年7月14日のNEWSポストセブン「被災をきっかけに廃止やBRT転換が目立つローカル線 それでも全線復旧し…

只見線に関する福島県の包括外部監査報告書(復興事業事務執行)意見にどう応えるか?

只見線への復旧対応への意見に対し、今後どのように対応していくかを探ります 2022年(令和4年)10月1日に、只見線会津川口- 只見の不通区間が11年ぶりに復旧し、只見線は会津若松-小出間全線で運転を再開しました。 今から3年前に遡りますが、この復旧…

只見線団体ツアーは新潟県小出側からも企画を

福島県側での只見線乗車企画は多くとも新潟県側では少ない状況 夏に向けて只見線の乗車体験を含めた旅行ツアーが多くなってきました。 先般、2023年6月17日から18日に日本旅行とえちごトキめき鉄道の共同企画による「えちごトキめきリゾート雪月花 只見線特…

只見線オリジナル観光列車導入時のダイヤを考える

小出、会津若松の両方から東京起点で日帰り可能なダイヤを 只見線にオリジナル観光列車導入検討の記事を見かけました。 福島県や観光団体等で構成する只見線利活用推進協議会が、2027年度までに五能線「リゾートしらかみ」の只見線版のイメージの観光列車を…

只見線全線復旧 乗客増加策の提案 

全線復旧を機に、只見線に乗る人が増える方策案です 只見線が2022年10月1日に全線復旧しました。 2011年7月の豪雨による一部区間の不通以来、11年ぶりの全線開通です。 復旧に当たり、会津川口-只見間は上下分離方式に移行しました。 只見線沿線では各地…