平行普通列車

常磐線と新京成に魅せられた者のブログです

鉄道その他

(鉄道の)素晴らしさを語りたいのに「やばい!」しかでてこない、とは?

鉄道の素晴らしさ=鉄道は「やばい」という表現についての話です 「推しの素晴らしさを語りたいのに「やばい!」しかでてこない―自分の言葉でつくるオタク文章術」(三宅香帆著)という書籍があります。 最近、この書名に倣った鉄道ブログを見かけるようにな…

外国の人等を対象に、日帰り鉄道旅体験企画なら上越線をお薦めします

土合駅486段階段、湯檜曽駅ループ線見学がポイントです 以前、短期間の話ではありますが、外国の人を中心とする日本文化体験の企画業務に携わったことがありました。 当時、「鉄道で日本文化を知る日帰り旅」テーマ企画を立てたとすると、自分の趣味と仕事を…

鉄道ブログの見出しと「!」を使う際の留意点について

未決定のものを、決定したかのような見出しで「!」表記するのは注意が必要です 2024年夏の青春18きっぷの発売可否について、様々な情報が飛び交っています。 2024年6月17日時点では、青春18きっぷに関するJR各社の具体的な動きはありません。 さて、JR側か…

ラッピング編成 鉄道各社ホームページはどの範囲の情報まで分かるか?

車両形式、運用情報、編成番号の3種の情報提供があります 車両の車体側面・正面への広告用ラッピング電車については、首都圏を中心とする大手私鉄各社でも行われているところです。 ラッピング情報は鉄道各社のホームページ(以下、「HP」)にも掲載させま…

JR東日本指定席券売機 メインメニュー表現の一部変更案について

JR東日本の指定席券売機で、一般の人が困惑しやすい文字表現についての提案です JR東日本ではみどりの窓口の縮小の代替えとして、指定席券売機を配置してきました。 最近ではみどりの窓口の廃止を一旦止めて、これを廃止した駅の一部復活を行っていますが、…

電車より飛行機を見上げる方が多くなった日常環境変化

新京成くぬぎ山車両基地付近での列車観察と飛行機観察 仕事をしている時はあまり気にしませんでしたが、毎日が日曜日の生活になってから列車は見えませんが、飛行機が上空をかすめる光景が日常になりました。 新京成、北総、東武野田線電車の観察や状況確認…

首都圏QR乗車券 JR用自動改札機用の切符口に入れない工夫と今後への期待

首都圏8社のQR乗車券導入安定後は他私鉄、東海道・山陽新幹線へも普及拡大を 首都圏の鉄道8社(JR東日本、京成、新京成、北総、京急、東武、西武、東京モノレール)の連名で、2024年5月29日付けで「鉄道事業者 8 社による磁気乗車券から QR コードを使用…

みどりの窓口削減に関連して ネット予約、チケットレス切替への不慣れ不安との葛藤

切符という紙媒介があることでの安心感から頭を切り替えられるか JR東日本のみどりの窓口削減凍結が話題を呼んでいます。 みどりの窓口の混乱原因は様々あるかと思われますが、窓口の減らし過ぎや定期券関係は置くとして、指定席券売機、ネット予約、チケッ…

北越急行・えちごトキめき鉄道 コンビニ切符購入情報提供

えちごトキめき鉄道もコンビニ切符情報提供を 2024年4月28日付け、拙ブログ「コンビニでフリー切符が購入できる鉄道路線は利用普及のPRを」の続編です。 この中で、同年4月25日から、北越急行とえちごトキめき鉄道でも一部の企画乗車券がコンビニで購入で…

グリーン車に乗る心理と、得をした気分になるグリーン料金区間

普通車よりもグリーン車に優先して乗る人の心理と、得をした気分になれるグリーン車乗車区間の話です 筆者にとってグリーン車の利用と言えば最近まで、普通車が満席で座れず、どうしても座りたい時の救いの設備程度の位置づけでした。 とくにJR東日本のグリ…

新京成初富から同じ電車を2回見る地点と、ブラームス3番演奏会の話

新京成初富駅周辺からの電車光景と、クラシック演奏会の話です ブラームスの交響曲第3番演奏会を聴きに新京成の初富駅まで乗りました。 この駅に近い建物から、鉄道好きには興味深い光景があります。 同じ地点から、新京成の同じ電車が2回見られることです…

大阪環状線京橋駅構内入出区線での乗務員の昇降台転倒事故で思うこと

線路上から乗務員室に簡単、安全に乗れる乗降台設置について考えます JR西日本から、2024 年4月9日付けで「乗務員の交代に伴う列車の遅延・運休について」のニュースがありました。 同日6時12分頃、京橋駅構内入出区線で8両編成の回送列車の出区時に、車…

新京成50年通勤は終われども「平行普通列車」今後もよろしくお願いします

仕事で一段落、三段落しましたが、今後も平行普通列車人生で進みます 私事ですが、2024年3月末で仕事に区切りをつけました。 一般職定年、再任用職、パート職まで、一段落ならぬ三段落で50年以上、その間、新京成には電車通勤でお世話になってきました。 今…

総武線でクレーン付きトラックの架線接触事故 もしも交流電化区間だったら?

直流電化1,500ボルト区間の事故だったが、もしも交流2万ボルト区間だったら? 2024年3月4日9時30分頃、総武線都賀-四街道駅間の踏切で、クレーン付きトラックのクレーン部分が架線に接触し、架線や架線を支える金具が損傷する事故がありました。 踏切通…

JR東日本の首都圏電車 運転士は車掌の連絡ブザー確認後の発車を

乗務員への厳重注意だけでは再発防止できない戸閉ランプ点灯だけに頼る勘違い発車 毎日新聞、2024年2月6日付け、「JR都賀駅で車掌残し発車 乗客50人降りられず ホームに積雪で」を拝見しました。 総武線下り快速列車が都賀駅に到着後、積雪のためホーム上…

常磐線、武蔵野線209系イベント列車での沿線写真撮影騒動に思うこと

線路内進入行為は今後のイベント企画の自粛を招く 中央快速線用の209系1000番台の電車で2つのイベントが開催されました。 一つは「回送ルート体験乗車イベント」として、2024年1月27日(土)9:50~12:00、中央線豊田-武蔵野線-我孫子の貸切列車乗車でし…

常磐線上野-取手の見どころ 独断偏見ベストテン 

常磐線上野-取手で、一般の人の視点とは異なった次元?での見どころ案内です 常磐線日暮里-岩沼全線の中で、首都圏の上野-取手間に絞った独断と偏見のベストテンです。 鉄道設備主体で、個人嗜好がかなり含まれますがご寛容ください。 1 緩行線の自動運…

列車のLED行先表示器は消灯後、駅到着前のいつ頃点灯するか?

走行中は自動的に消灯するLED行先表示器の点灯開始状況の話です 列車の車体側面にある行先表示器は、かつての字幕式からLED式が主流に変わりました。 近年は、LED行先表示器の消費電力低減を主な目的として、走行中は自動的に消灯するようになりました。 自…

正月の親子連れ列車見学&体験乗車のお薦め3か所

常磐線松戸起点の近郊列車見学&体験乗車ガイドです 2023年の暮れのこと、「近郊に親子での鉄道お勧め場所はないか?」との意見を受けました。 今回は、親子連れでの列車見学と、体験乗車のお薦め、各3か所を独断でご紹介したいと思います。 なお、親子での…

2023年を振りかえって アクセス数に驚きと感謝

2023年12月17日・18日の京葉線記事アクセス数2万件超えの現象 2023年も大晦日の最終日になりました。 年齢と一年の早さは比例するという説を実感します。 受け身の研修受講の日々だったら、逆に毎日が長く感じられると思います。 今回は2023年を振り返って…

JR東日本E2系「マジカルドリーム新幹線」 新幹線では貴重な大窓車両の魅力

普通車9両が大窓から見る広い車窓の解放感を歓迎 JR東日本と株式会社オリエンタルランドから、2023年12月14日付けで「特別車両『Magical Dream Shinkansen』が 12 月 22 日(金)より運行 ~東京ディズニーリゾート®40 周年グランドフィナーレ記念~」のニ…

新京成八柱と武蔵野線新八柱、北総線矢切の読み方の違いとは?

千葉県松戸市内の八柱・新八柱と、矢切の3駅の読み方の話です 千葉県松戸市の八柱というと、第一に東京都立八柱霊園、第二にJR武蔵野線の新八柱駅と新京成の八柱駅が思い浮かびます。 新京成八柱駅は1955年4月21日、武蔵野線新八柱駅は1978年10月2日の開…

鉄道全線完乗の自分流こだわりルールと「時刻表2万キロ」

列車に乗るだけ、鉄道路線に乗ること自体を楽しむ自己満足趣味の全線完乗話です 鉄道路線があれば全線に乗りたくなるのは自分も同じです。 観光地に行く時間があれば列車に乗ることに時間を充てていました。 乗り換えの待ち時間があった時間だけ、接続列車に…

将棋界話題の棋士の鉄道話(その4)愛知から函館本線「山線」日帰りは可能?

愛知-中部国際空港-新千歳空港-函館線山線区間乗車-愛知の日帰り可否を検証 将棋界話題の藤井聡太八冠と鉄道については、これまでに3回書かせていただきました。 新たな話題として、2023年11月10日・11日の第36期竜王戦7番勝負第4局が小樽市内で行な…

列車乗務員のサングラス着用、水分補給を考える

運転中のサングラス使用、水分補給、業務用携帯電話、カーテン下げ等での客室貼り紙の背景 近年、列車運転士が、直射日光のまぶしさによる事故や運転ミス、疲労等を招かないよう、サングラスを認めるケースが多くなっています。 列車乗務員のサングラスに際…

鎌ケ谷市内の私鉄3態とクラシックコンサートでの元気づけ

新京成初富駅付近の展望とクラシック演奏会の話です 新京成と東武野田線の乗り換えは今でこそ新鎌ヶ谷ですが、1999年11月25日の東武新鎌ケ谷駅開設まで、新京成と北総から東武野田線乗り換えは、新京成初富駅から東武鎌ケ谷駅まで約1km、10分歩くのが通常の…

列車時刻はスマホQRコードで確認の時代へ

時刻表をA4版1枚化して、スマホ写真撮影用に掲示してはどうか? 読売新聞、2023年10月31日付けで「時刻表 駅ホームから消える?」の記事を拝見しました。 ホームの時刻表、時計、ゴミ箱、みどりの窓口、売店なども撤去、廃止が進んでいる状況に触れていま…

アクセス数累計10万超えのお礼

ありがとうございます 拙ブログを始めて395日目ですが、2023年10月24日時点でアクセスをいただいた数が100,345となり、10万を越えました。 アクセスの桁数が5桁から6桁になるのは嬉しいことです。 初回からの累計での1日平均は254件。 2023年9月25日から…

平行普通列車ブログ2年目を迎えてのお礼

アクセスにこの場を借りて感謝します 2022年9月24日に拙「平行普通列車」を始めてから1年を経過しました。 これまでの365回、多くの皆様にアクセスしていただき、改めてお礼申しあげます。 ありがとうございます。 今回は一年を振り返っての雑感を中心に書…

鉄道界は今後の運転士不足による列車本数削減にどう向き合うか

バスだけでなく鉄道も乗務員確保困難により列車削減に? デイリー新潮、2023年9月19日付け「各地で相次ぐ運転士不足… 減便を発表した『福井鉄道』の特殊な事情」を拝見しました。 長崎県の長崎電気軌道、高知県のとさでん交通、福井県の福井鉄道など、地方…